2022年7月27日

投資家はお金のコレクターなのか

違和感あり。

確かにお金が増えていくのはハッピーですよ。ここは否定しません。

私の場合何がハッピーかと言うと、人生の残り時間に相応な購買力さえあれば、短い人生の時間の中で、やりたくない事リストの筆頭である労働から解放されること。これが、資産の購買力を増やしたり維持したりする投資の最大の効用だと思っています。

つまり私は、お金を「実際に何かに使ったりすること」を最大限に実践している投資家の一人です。何十年分もの無職生活に必要な物やサービスを、貯めたお金で買っている状態なわけですから。

いろんな価値観がありますから、実際にはお金を貯めるだけで使わない投資家も存在するのかもしれませんが、「投資家はお金を使わない」みたいな主語の大きい話は雑すぎてついて行けません。そういう人をピンポイントで表現したい場合は「守銭奴」という最適な用語が既にあるんですけどね。

関連記事:



2022年6月3日

ブログ開設14周年




当ブログは満14歳の誕生日を迎えました。

この1年も心身共に健康に生きることができた幸福を噛みしめています。

特筆すべきネタが無いため、1年分のツイートログを遡ってこれを発掘。

もうオンラインFPSが全く楽しめないことを悟りました。周りのプレイヤー上手すぎ。優先順位を間違えたような気がして少し後悔しています。シミュレーションゲームとかオンライン麻雀とか、頭脳系は後回しで良かったのに…と。

中高生の頃ゲーセンで夢中になってやり込んでいた「ゼビウス」も、おじさんがやってみたら別人のようにド下手になっていてショックを受けた件は以前書きました。関連記事:


逆に、少しでも若いうちに済ませておいたので全く悔いが残っていない事も多く、たとえば次のようなアクティビティです。

・バイクで長距離ツーリング(有料道路回避縛り)

・富士山登頂

・LCCと安宿でバックパッカー旅

どれも楽しくて幸福度が大幅にアップしましたが、既に50代半ばの今となってはほとんどやる気がしません。

関連記事:

2022年5月18日

JPYCを経由してオフランプすると5%お得

最初は意味がわからなかったのですが、脳内で情報を補完することによりやっと理解しました。

このルートの始点は$ではなくJPYです。具体的な金額と両替方法を当てはめるとこうなります。

136330JPY→(BinanceでRevolut決済)→1000USDT→(1inchでスワップ)→136880JPYC

最初に支払ったJPYと最後に受け取ったJPYCを比較すると、136880/136330=100.4%(の計算間違いと思われます)に増えているというわけです。

増えたJPYCをgifteebox→au PAY→Revolutへ戻せば錬金術の完成ですが、ルーピング行為はRevolutの規約違反に当たるので、発覚するとアカウント凍結されると思います。

ルート後半の「1000USDT→(1inchでスワップ)→136880JPYC」に着目すると、DEXでのUSDT/JPYCの交換レートは法定通貨ペアUSD/JPYよりも5%以上円安に振れていることがわかります。

つまり、暗号通貨から法定通貨へのオフランプの際、JPYCを経由することによって5%程度お金が増えるという不思議な現象が起こります。以前ならJPYCはJPYよりも用途が限られた不便な通貨でしたから、これぐらい増えて当たり前な気がしていましたが、今は違います。前述のgifteeboxとau PAYを使う方法によって1:1でRevolut内のJPY残高に変換できるようになったからです。

Revolutの残高は現金では無いものの、Revolutによる支払いは非常に広範囲で通用するので、生活に必要なお金の大半は暗号通貨からのオフランプでも賄えることになります。しかも今なら5%のボーナス付き! しばらくの間、このルートをありがたく使おうと思います。

因みに、元のルートで最終的に0.4%しか増えないのは、ルート前半のオンランプ部分「136330JPY→(BinanceでRevolut決済)→1000USDT」で、Binanceに5.5%もカード決済手数料を抜かれているからですね。1000USDT買うのに1055.3USD支払っています。そもそもカードって手数料高すぎませんか。暗号通貨を買うのにクレカやデビカを使うのは、あまり良い方法とは思えません。

参考ツイート:



2022年4月14日

暗号通貨で弁当が買える時代

素晴らしい!

たとえばBTC払いの場合、今のレートでたったの200円ですね。Lightning Networkの送金速度は数秒、手数料は1円未満とのことです。私が大いに期待しているETHのL2ではまだそこまでの性能は出ていませんので、BTCのことを過小評価していたかもしれません。これでLNにステーブルコインが載ったら最強だと思うのですが…。

JPY払いだと800円の弁当が1/4で買えるというのも凄いですね。もし私が首都圏に住んでいたら毎週せっせと通っていたでしょう。

東京だけでなく、日本中、いや世界中にこういう店がどんどん出てきてほしいと願っています。日常の決済で法定通貨を使わなくなる未来が楽しみです。

参考ツイート:

関連記事:

2022年3月31日

暗号通貨の国内取引所がオワコン化している

悪名高いbitFlyerだけじゃなく、GMOコインまでこんなことやってるとは…。海外取引所のアドレスや、なんとMetamaskのアドレスにも送金できないらしいので終わってますね。

藤巻健史氏がXデイに備えて口座だけでも開設しておくことをお勧めしていましたが、もはや国内取引所にon-rampの機能は無いも同然です。口座を持っていても何の役にも立ちません。資産を安全圏に逃がすためには、別の方法を考えたほうがよいでしょう。

私はoff-ramp用途に使えるかもと思って国内取引所の口座もいくつか持っているものの、この調子だとMetamaskや海外取引所から送られてきた資金は凍結されそうです。恐ろしくて使う気になれません。

on-ramp、off-rampの手段なら他にもいくつかあるので、オワコン化した国内取引所を使うことはもう無いでしょう。知っている人は知っているし、幹線道路が封鎖されても次から次へと抜け道が作られていきます。私は今年に入ってから新しい抜け道を3つほど見付けました。需要があるところに供給は生まれるものだと実感しています。

参考ツイート:

 関連記事: