2019年3月15日

日本年金機構のブラックジョーク(?)が笑えない

ツイッターより。

昨日下書き書いた時点では確かに存在してたのですが、今朝起きてみると予想通りというか、ツイ消し…。税金使って描かせたイラストを無駄にしちゃいけません。もったいないのでスクショ貼っときますね。



何でしょうか、この自虐ツイートは。(苦笑)
彼ら自身、公的年金の未来がガチでヤバいことをいよいよ正面から否定できなくなって、開き直ってブラックジョーク飛ばしてきたと受け取っていいですか。

そもそも新社会人がねんきんネットにログインしたところで、将来受け取る年金が少なくなるかどうかなんて全くわかりませんよ。毎年ねんきんネットにログインし続けて、同じ条件で試算した見込金額がどういうふうに変化していくかを何年間も観察した結果、ようやく傾向らしきものが読み取れるかどうか…。この程度のことです。

その見込金額だって、マクロ経済スライドによって購買力がどれだけ削られるかまでは考慮に入れてませんからね。今後45年~50年という長期間のインフレ率と賃金上昇率なんて全く予測不可能な上に、「調整率」を何パーセントにするかも2025年までしか決まっていないのですから。それ以降の調整率をいじればいくらでも削ることが可能です。

さらに深刻なことに、新社会人が今後何十年も負担し続けることになる年金保険料の方も総額でいくらになるのかは全く不透明です。マクロ経済スライドの調整率と同じく、とりあえず決まっているのは数年先までで、それ以降のことはまたあとで考えるという実にいい加減なスタンスです。問題を先送りする技術にかけては日本政府の右に出る者はいません。

参考記事:
「社会保険料ってこんなに高いの!?」 給与明細を見て、こんな感想を持った事がある人も多いのではないでしょうか? データで見る少子高齢化の状況とそれに対する政府の年金問題への対策でも見たように、国民の社
nenkin-manabiba.jp

過去50年以上も続いてきた保険料の値上がり傾向がそろそろ止まるだろうと予想するのは、余りにも都合が良すぎるというものです。このまま破綻せずに負担増と給付減が同時進行していけば、新社会人のみなさま方にとっては最悪のシナリオになると思われます。

関連記事:
同じ日経の記事より。 国民年金は誰が負担? 半分は税金、保険料未納なら損|マネー研究所|NIKKEI STYLE  20歳になると年金制度の対象になりますが、国民年金保険料の納付率は6割強にとどまります。厚生労働省の「国民年金被保険者実態調査」によると、滞納理由で多いのは「保険料...
yumin4.blogspot.com
菟道りんたろうさんのブログより。 公的年金について“損得勘定”で論じることから卒業したい 個人投資家の視点から投資信託やETFを使った国際分散投資についての考察と実践方法を研究するブログです。 arts-investment.blogspot.jp 公的年金制度について議論する...
yumin4.blogspot.com
NightWalkerさんのブログにこんな記事がありました。 「年金は払い損」と考えるのは間違い: NightWalker's Investment Blog 日経の元記事を読んでみたらなんとも言えない違和感が…。 ■年金は働けないとき所得を補う社会保障であり金融商品では...
yumin4.blogspot.com

参考ツイート:

2019年3月10日

クレジットカード離れが加速していく時代

CoinPostの記事より。
米最大手スーパーチェーンKroger社は、高い手数料を理由にVisa決済サービス提供を停止すると発表。代替案としてビットコインライトニング決済の導入の可能性が浮上しているという。実現すれば、仮想通貨決済普及への急加速材料となる。
coinpost.jp
Krogerによる利用停止の理由として挙げられているのは、Visa利用に係る「過度な手数料」だ。

2018年8月には、カリフォルニア州にある「Foods Co.」というKrogerが有する別のスーパーマーケットチェーンでも、同様の利用でVisaの受付中止を発表しており、米大手スーパーでのクレジットカード決済離れが加速している。
Visaカードの手数料だけ他のカードより高かったんでしょうか。いずれにせよ、世界一クレジットカードが通用する国と言っても過言ではないアメリカでさえ、高すぎる手数料を敬遠する企業が出てきているわけです。

今後、Krogerだけでなく、Visaカードやその他の手数料の高い既存のペイメントシステムから手数料の低い仮想通貨決済に乗り換える可能性のある企業の動きにも、注目するべきと言えるだろう。
代替手段として暗号通貨決済を取り上げていますが、まだ早いような気がします。少なくとも法定通貨にペッグしたステーブルコインが普及するまでは代替手段にならないでしょう。

一足飛びに暗号通貨決済を採用せずとも、今はQRコード決済があるじゃないですか。日本でもPayPayやLINE Payなどの新しい決済手段が競争しながら着々と浸透し始めているようですから、今後は手数料の割高なクレジットカード決済が敬遠される流れは止まらないと思います。

少なくとも、現在は現金決済のみの店が新たにキャッシュレス決済を導入しようという場合に、初期費用から決済手数料まですべてにおいて割高なクレジットカード決済を採用する理由は無いと思われます。

参考ツイート:
関連記事:
Traicyの記事より。 ポケットカード、VISAカードでの外貨ショッピング事務処理費用値上げ 7月1日以降 - トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 ポケットカードは、VISAカードの会員を対象に、海外ショッピングをご利用の際にかかる事務処理費用を改定する。 www...
yumin4.blogspot.com

2019年3月5日

ファストフードの自動化は大歓迎

ツイッターより。

元記事はこちら。
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭を機械に入れてケースの中から取り出すだけ。
tabi-labo.com
自販機といっても調理をする人が常駐していて、少なくなると裏から揚げたての商品を補充。だから、いつでもホクホクのできたて。このスタイルで現在まで時代を超えて愛されています。

かつて日本にもあったファストフード自販機ですが、調理も販売も機械任せにしたためか、美味しくない、メンテナンスが大変、などと廃れていきました。
30年ほど前に、主にドライブイン(当時は「道の駅」なんて無かったんですよ)でファストフード自販機をよく見かけたことを思い出します。そう言えば最近はほとんど見かけなくなりましたね。でも廃れた原因は「機械任せにしたから」とは思えないなあ。

参考ツイート:
当時の日本は技術的にはオランダの何十年も先を行っていたのに、政府が規制で足を引っ張ったので追い越されてしまいました。まったく勿体無いことをしてくれたものです。

AIやスマートフォンの利用などでいまも自動化が促進されるファストフードですが、成功するにはどこか人間の手が必要なのだと、「FEBO」のクロケットに考えさせられます。
そんなことは無いと思います。
人間の手をできるだけ排除して、工程の大部分を自動化して大成功した(生産性が跳ね上がった)事例は、産業の歴史を紐解けばいくらでも出てきますよ。調理人が常駐して裏から手作業で補充しなきゃいけない(しかも人件費の安くないオランダで!)ような半自動化では、まだまだ生産性は低いでしょうね。

それより、元ツイートのこれが引っかかりました。
ファーストフードは、少しずつ自動餌やり機に近づいてきているなぁ。
明らかにdisってますよね、ファストフードの自動化が進む流れを。

これからは日々の生活の中で「食事」という食べる行事を楽しむことと、空腹問題を処理するために食べることがますます大きく乖離していきそう。
これは大いに結構なことです。それぞれのニーズを満たす選択肢があって棲み分けが進むということですから。

私なんか完全に後者側の人間で、日常の食事は「楽しむこと」の範疇には入っていませんからね。排泄や睡眠と同じく、生理現象を処理しているだけです。できるだけ時間も手間もお金もかけずに必要な栄養素が摂取できればそれで十分だと思っています。

関連記事:
まず著者による「自由」の定義から。  自由というのは、「自分の思いどおりになること」である。自由であるためには、まず「思う」ことがなければならない。次に、その思いのとおりに「行動」あるいは「思考」すること、この結果として「思ったとおりにできた」という満足を感じる。その感覚が「自由...
yumin4.blogspot.com

2019年2月25日

物価が安いことをdisる人たち その2



ツイッターより。

この基準だと地球人の99.85%が低所得者ですね…。参考サイト:
www.globalrichlist.com
によると、年収$66,000は上位0.15%だそうですよ。

世界の中でも特に平均所得が高い国のローカル基準を引っ張り出してきて、それに満たない「低所得者」だらけの国は「取り残されて」いるって、いくらなんでも物の見方が偏りすぎじゃないですか。

そもそも物価の違いを無視して年収だけ比較しても無意味です。その点を指摘しているリプもいくつかありましたが、判で押したように同じ回答でした。

これを読んでますますわからなくなりました。

今度は所得ではなく「物価」が上がらないことをdisっています。なんだか既視感が強くなってきました。関連記事:
ツイッターより。 アメリカに約5日間いて、改めて物価の高さに驚いた。アメリカが異常なんではなくて、これが普通で、日本が異常。不安になる。 — Yusuke Mitsumoto ⚡️ (@Yusuke_Tokyo) May 5, 2018 久々のドトール。さすがに200円台はびっ...
yumin4.blogspot.com

繰り返します。
所得は高い方が豊かですが、物価は安い方が豊かです。

そんなに物価が安いことがお気に召さないのなら、自分だけでも高いものを選好するなり、好きなだけチップを上乗せするなりして、セルフで物価高を実現すればいいのにと思うのですが、彼らが自ら進んでそうしている姿を見たことがありません。不思議です。

関連記事:
Midori Fujisawaさんのツイートより。 1年に1度しか帰国しない半端な日本人から見ると、帰国のたびに不思議の国日本度が増している。とても美味しい食事や行き届いたサービスが、なぜこんなに安いのか。この価格破壊は短期滞在者以外の誰も幸福にしない。価値に見合う金銭的評価を得...
yumin4.blogspot.com

2019年2月20日

グーグル先生の検索順位はあてにならない


ツイッターより。

これ真理ですよね。

消費者にとって価値の高い情報よりも、アフィリエイターたちに人気のある情報の方がグーグル検索では上位に出てくる傾向が、近年ますます強まっているように感じています。被リンク数をベースにしてページの価値を自動計算するアルゴリズムだと、そうなるのも仕方が無いんですけどね。

単純に検索上位の情報だけテキトーに拾って分かったつもりになっていると、知らないうちにアフィリエイターのカモになっていることもありそうです。特に金融系の情報はその傾向が顕著。クレジットカードやデビットカード、金融商品のアフィリエイト報酬高そうですからね。

最近の一例を挙げると、たとえばウェルスナビとかいう自動資産運用サービスがアフィリエイターたちにモテモテのようです。しかし中身を見ると運用コストが無意味に高く、投資家のリターンを確実に毀損します。本当に投資家の利益を第一に考えている人なら、こんな高コストなサービスをおすすめすることは無いと思われます。

本当に有用な情報は検索下位まで拾ってやっと見付かることも多くて、昔は簡単に見付かっていた情報でも、今ではアフィリエイト目的で量産されたゴミ情報に埋もれた状態になってしまったのだと思います。

かく言う私も、これは良いこと知ったなと思えるような情報を入手しても、敢えてブログやツイッターで拡散しないことが多くなりました。拡散しても一銭の利益にもならないばかりか、かえって不利益になりそうだからです。

よくある不利益の一つは、改悪リスクです。消費者にとって有利すぎる条件の取引は、知られすぎると供給者が不利に耐えきれなくなって改悪されることがよくあります。たとえば高還元率や高特典を謳っていたクレジットカードが大人気になり、しばらくすると改悪されるパターンは、もはや見慣れた光景です。

もう一つの不利益は、規制されるリスクです。たとえば海外口座の開設方法や使い方などの情報は古くからネット上にありましたが、そうやって広まった情報によって日本人が殺到すると、すぐに金融庁による締め付けのターゲットになることがよくあります。海外にしか拠点を持たない業者でもネット越しに日本居住者を相手にするなら日本の規制に従え、というのが金融庁の不思議な言い分なので。その結果日本人は口座閉鎖に追い込まれたり、変な取引制限ができたりして、とにかくロクな結果にはなりません。

人々がこのような経験則を学習した結果として、消費者にとって有用な情報の供給がどんどん先細りになっているのではないかと思います。

参考ツイート:
関連記事:
寝太郎さんのブログで話題になっていた、Topcashback+Booking.comで14ドルキャッシュバックの件。 バックパッカーに朗報。宿を予約するたびに14ドルのキャッシュバックを受ける方法 宿泊予約の14ドルキャッシュバックはそんなにスゴくないのか TopCashback...
yumin4.blogspot.com
九条さんのブログより。 Binance、その恐るべき成長 - 投資でセミリタイアする九条日記 2017年の仮想通貨高騰では、どんな仮想通貨に投資していた人も大きく利益を享受しました。一方で、ゴールドラッシュの際に最も儲かったのがスコップを売っていた人であるように、仮想通貨業界で...
yumin4.blogspot.com