2018年3月30日

すべての水曜を公休に?

ツイッターより。

3月21日が祝日で仕事が休みだった人が、それを喜ぶ気持ちはわかりますよ。私も会社員時代には祝日を(土曜日に重なったとき以外は)大いに喜んだものです。

だけど、「これが人間としてあるべき姿」だから「全ての水曜を公休にすべき」、みたいな発想がおかしいことには早く気付いてほしいなと思います。この人は「プレミアムフライデーとかいらないので」と言っているので、自分にとって不要なものが制度化されるバカバカしさや不利益には既に気付いているはずなんですけどね…。


同感です。

「私にとってはその方が幸福である」という、本来は主語が非常に小さい命題が真であるに過ぎないんですよ。それが何個集まろうとも、「これが人間としてあるべき姿」みたいな命題が真になるわけではありません。自分の幸福観を他人にも無意識に拡大適用する癖は治したほうがいいでしょう。


年末年始恒例の話題になりつつある正月営業の是非についても同様に、
自分にとってはその方が都合がいいから「朗報」だと思うところまでは大いに結構ですけど、他人に向かって「休むべき」とか言い出すのは奇妙です。このようなツイートを称賛する声ばかりが目立ち、疑問を挟む人が非常に少ないのがいつも気がかりです。ツイッターランドだけの傾向であればいいのですが…。

参考ツイート:

関連記事:
ゆとり隊長さんのツイートより。 僕も同感です。なんというか、現状のように社員を縛り付けている状態は、見ていて不可思議(´・ω・`) https://t.co/85ar63ZP4E — ゆとり隊長@年100万円生活 (@yutori_ing) 2017年2月8日 引用されていた元ツ...
yumin4.blogspot.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿